VIO脱毛とは?初心者必見!VIO脱毛の料金や効果・回数を解説

3,654views
2020/06/26

VIO脱毛のメリット・デメリットは?脱毛料金や効果・回数を紹介

VIOってどこのこと?VIOはどのように脱毛をしていくの?初めてVIO脱毛をする方向けに、VIO脱毛の全体像を解説!VIO脱毛の範囲や回数、料金等を紹介していきます。

VIO脱毛とは?VIOの脱毛範囲を解説

VIO脱毛とは、ビキニラインと呼ばれるVライン、陰部の両側であるIライン、肛門周辺のOラインなどのアンダーヘアをまとめて脱毛することを指します。

「デリケートゾーン脱毛」とも呼ばれ、10代・20代の女性から介護脱毛を意識し始める40代の女性まで、年代幅広く選ばれる脱毛となっています。

Vライン太ももの付け根およびアンダーヘアが生えている部分のこと。Vラインのみの脱毛を知りたい方は、「Vライン脱毛とは?脱毛範囲はどこまで?」をチェック!
Iライン女性器の両側にあるラインのこと。Iラインより内側の粘膜まで脱毛できるところは少ない。Iラインのみの脱毛情報を知りたい方は「Iライン脱毛とは?Iライン脱毛の範囲と方法」をチェック!
Oライン肛門周りのことでヒップ奥とも呼ばれます。Tバックを履きたい人に需要の高い脱毛。Oラインのみの脱毛を知りたい方は「Oライン脱毛はどこまで脱毛できる?脱毛方法やおすすめサロンを紹介」をチェック!

VIO脱毛では、VIO全ての毛をツルツルの状態する「ハイジニーナ」、無難でありながら清潔感のある「逆三角形(デルタ)」などアンダーヘアを様々な形に脱毛することができます。

今人気のアンダーヘアはどのような形なのか?どのようなアンダーヘアを選ぶべきか?アンダーヘアの形にお悩みの方はアンダーヘア脱毛事情を調査!人気の形やおすすめの脱毛方法をご覧ください。

VIO脱毛の効果とは?メリットやデメリットを解説

VIO画像

VIO脱毛で毛を綺麗にするまでの道のりは、メリットばかりではありません。脱毛に通い出してから後悔しないために、VIO脱毛のデメリットもチェックしましょう。

VIO脱毛は衛生面でのメリットが大きい

Vラインの毛を綺麗にすると、可愛い下着や水着を着てもパンティーラインから毛がはみ出す事がありません。Iライン、Oラインの毛がなくなれば、デリケートゾーンを常に清潔に保つことができ、生理の時でも衛生面での不安がなくなります。

また、アンダーヘアを好きな形にデザインし脱毛する事で、「デリケートゾーンをきちんと処理していて衛生的」、「隠れた部位のオシャレにも気を遣っている」と、周りからの印象も良くなります。

メリット
VIO脱毛は衛生的で女子力も上がる!

男性目線からの意見では、「IラインとOラインの毛は無い方が良い」と思っている人が多い様子。VIO脱毛は自分が清潔に保てるだけじゃなく、彼氏からの印象も良くなるなどのメリットもあります。

VIO脱毛のデメリットは施術時の痛み

一方で、VIO脱毛が終わるまでの間は毎回自己処理を行う必要があり、肌荒れ等のリスクを軽減するためには保湿にも気を遣わなければなりません。

全身の中でもデリケートゾーンの肌は特に敏感で、脱毛の痛みを感じやすい部位のため、極度に痛みに弱い人は多少の覚悟が必要です。VIO脱毛の施術中はスタッフにデリケートゾーンを見られる事になるため、慣れるまでは恥ずかしさを感じる人もいます。

デメリット
VIO脱毛は痛みが最大のネックだが対処法あり

VIO脱毛を医療脱毛クリニックで行う場合、脱毛サロンよりも強い痛みがあるため、脱毛効果を得るまでは少し大変。医療機関では麻酔を使うことができるので、極度に痛みに弱い人は我慢せずに利用すること。

VIO脱毛の回数・期間と脱毛料金

VIO脱毛は何回目で効果を感じ始めるのか?当サイト、エピリノではVIO脱毛のアンケートを実施。VIO脱毛の脱毛回数を調査しました。

また脱毛サロン・医療脱毛ともにVIO脱毛はいくらから始められるのか?VIO脱毛の脱毛料金を調査。脱毛サロンのキャンペーン情報、医療脱毛の脱毛料金を紹介します。

VIO脱毛の脱毛回数と期間

当サイトのアンケート調査によると、VIO脱毛の効果を実感し始めた回数は脱毛サロンで6回、医療脱毛で3回。VIO脱毛の効果に満足し脱毛を終了した回数は脱毛サロンで12回、医療脱毛で6回という結果になりました。

脱毛サロン・医療脱毛ともに最短で2ヵ月に1回程度通うことができることから、効果を感じ始めるまでに脱毛サロンで1年程度、医療脱毛で6ヵ月以上かかることが想定されます。

効果を感じ始める回数(期間)効果に満足した回数(期間)
脱毛サロン6回(1年)12回(2年)
医療脱毛3回(6ヵ月)6回(1年)

VIOの脱毛料金

VIO脱毛はお試しキャンペーンを活用することで、安いもので2,200円から始めることができます。VIO脱毛を始めるにあたり、「最初から6回の脱毛を契約するのは不安」という方に、VIO脱毛のお試しキャンペーンは最適な内容と言えるでしょう。VIO脱毛のキャンペーンを行っている脱毛サロン、医療脱毛のVIO料金を紹介していきます。

脱毛サロンのVIO脱毛料金
脱毛サロン 料金
脱毛回数
対象部位
ジェイエステ 2,200円
2回
トライアングル上下、Vライン、Iライン、Tバックゾーン
TBC 6,000円
2回
Vライン上下、トライアングル、Iライン、Oライン
エピレ 6,000円
2回
Vライン上下、トライアングル、Iライン、Oライン
医療脱毛のVIO脱毛料金
クリニック名 料金
脱毛回数
対象部位
レジーナクリニック 84,000円
5回
Vライン、Iライン、Oライン
リゼクリニック 92,800円
5回
Vライン、Iライン、Oライン
湘南美容クリニック 59,070円
6回
Vライン、Iライン、Oライン

※湘南美容クリニックは税込み表記です。

VIO脱毛するならサロンと医療どっちがおすすめ?

VIO脱毛をするなら脱毛サロンでの施術をおすすめしています。なぜ脱毛サロンでのVIO脱毛がおすすめなのか?VIO脱毛における脱毛サロン・医療脱毛のメリット・デメリットを紹介していきます。

VIO脱毛のおすすめ脱毛サロンを知りたい方は、目的別!おすすめVIO脱毛サロンまとめをチェック!

医療脱毛は痛みが強く途中で断念する人も多い

医療脱毛は痛みが強く、脱毛の途中で断念する人もいます。もちろんすべての医療脱毛が断念するほど痛いわけではなく、使用する脱毛機器によっても痛みに違いがありますが、総合的に医療脱毛でのVIO脱毛は毛量が減るまでは強い痛みが伴うといえるでしょう。

医療脱毛は、笑気麻酔や麻酔クリームでの麻酔処置をすることができますが、麻酔は基本的に有料の場合が多いのと、すべての痛みをカットすることはできないため、麻酔にお金をかけることに多少の抵抗を感じるという口コミもあります。

蓄熱式脱毛以外は痛い!医療脱毛によるVIO脱毛

医療脱毛の中でも脱毛機器の種類によって痛みが異なります。特にジェントルレーズ、ライトシェアデュエット、ジェントルヤグによるレーザー脱毛は1回あたりの施術時間も長く、苦痛の時間が長いためVIO脱毛にはおすすめできません。

もしも医療脱毛を選ぶなら、痛みを軽減させたメディオスターNeXT PROソプラノアイスといった蓄熱式(SHR)脱毛を行える医療脱毛クリニックを選びましょう。

【蓄熱式の脱毛クリニック】レジーナクリニックリゼクリニック、ブランクリニック、KM新宿クリニック、レヴィーガクリニックなど

Vラインの黒ずみやブツブツ解消にはエステ脱毛がベスト

エステ脱毛はVIO脱毛後の肌の仕上がりに重点をおいているところが特徴です。エステ脱毛はVIO脱毛後の乾燥した肌を、美容成分を含んだローション等で保湿するサービスを行なっている脱毛サロンが多く、脱毛+美容効果にも期待できるメリットが! Vラインの黒ずみやブツブツを解消していきたいと思う人は、保湿ケアのサービスがある脱毛サロンを選ぶことで一石二鳥の仕上がりに。

一方、医療脱毛はあくまでも毛をなくす施術をメインにしているため、VIO脱毛後は軟膏を出して終わりの医療脱毛クリニックが多いのが実情です。

VIO脱毛をするうえで肌ケアに重点をおいているのはエステ脱毛

VIO脱毛や他の部位においても保湿ケアのサービスがある脱毛サロンですが、すべての脱毛サロンで保湿ケアをしてくれるとは限らないため要注意。通常は光脱毛の施術後、熱くなった肌を鎮静させるための処置を行いますが、中には鎮静処置を行わないで終わりというところもあるので、通う前には肌ケアに力を入れているエステ脱毛かどうか見極めることが大切。

【保湿ケアのあるエステ脱毛】キレイモミュゼ銀座カラー(保湿は有料)、ラドルチェなど

目的別!おすすめVIO脱毛サロンまとめ

VIO脱毛における脱毛サロン・医療脱毛の詳細をもっと知りたい方は下記をチェック!

関連記事
エピリノVIO脱毛
ページのトップへ