脱毛サロンデビューはいつから?子供が脱毛をする際の影響

2020/05/07

子供はいつから脱毛サロンに通えるのか?脱毛事情や影響とは

今や多くの人がサロンなどで脱毛を行っている時代です。そんな脱毛ですが、どの年代の人が最も施術を受けているかご存知ですか?
また、年々脱毛を受ける人の年齢が下がっていることをご存知でしょうか。

脱毛に年齢制限はないのでしょうか。脱毛における注意点なども含めご紹介していきます。

脱毛サロンデビューはいつ?脱毛サロンを利用する年齢は?

脱毛サロンの料金は、昔に比べるととても安くなってきています。脱毛サロンといえば、高額な費用がかかるためごく一部のセレブだけが通える特別な場所、というイメージでした。

けれども、今では学生のおこづかい程度の料金で施術を受けられるサロンも出てきて、誰でも気軽に通える場所に変化しつつあります。
そんな状況から、脱毛サロンを利用する年齢層も大幅に広がりました。

最も多いのは20代前半?

現在、脱毛サロンの利用者の中で最も多い年齢層は20代前半の女性です。学生やOLなど、若い女性の多くは自宅で毛の自己処理を行うのではなく、脱毛サロンでの脱毛を選択しています。

特に平日の仕事、学校から帰る時間の夕方や、閉店間際の遅い時間帯に若い女性たちが多く利用している店舗も少なくありません。
そういった若い年代の女性たちからはワキ、脚、腕といった人目に付きやすい部分の施術が特に人気のようです。

そのため格安プランを設置するサロンも多くあり、誰でも気軽に施術を受けられる部位として人気です。

肌を露出するファッションの流行の影響や、仕事をしている人ではエチケットとして脱毛サロンでの施術を受ける人が多いようです。

子供の脱毛はいつから?子供の脱毛事情

「10代で脱毛サロンデビューする人も少なくない」というニュースの特集があるほど、世間では脱毛の低年齢化が進んでいるそうです。

ですが、そもそも早けれ小学校低学年の頃から、ば本格的に毛に悩みを持つ子供も少なくないので、当然と言えば当然の傾向なのかもしれません。

百貨店に行けば子供服は大人顔負けであるほどスタイリッシュになり、小学生向けのファッションブランドや雑誌の登場など、子供たちのおしゃれ意識も高まりを見せています。
それに伴い、毛を気にする子供たちも増えてきているのです。

けれども、下手に自己処理をしてしまって肌を傷つけたり、カミソリなどを使うことにより、毛穴を広げてしまったり。年齢が低いだけに将来を考えると、手を出しづらい親も多いのではないでしょうか?

そんな事情があり、最近では子供向けの脱毛サロンも出てきています。

なぜ子供の脱毛に需要があるのか?

今はキッズタレントブームもあってか、子供の美意識もどんどん高くなりつつあるのでしょう。

子役の子たちともなると当然、6歳や7歳頃から自分の姿や見られることを意識し始めるわけですから、そういう子供たちほど美意識が養われていくのだと思います。
小学生でも、プールの授業などで剛毛なせいで嫌な思いをしているお子さんもいるでしょう。

年齢に関係なく悩みの種となるのが「体毛の濃さ」です。最近は安価に脱毛を受けられることからも、若い年代にも脱毛する人が増えてきました。
それは20代だけでなく、10代にまで及んでいます。

高校生はファッションに敏感な年ごろ。もちろん身だしなみにも気を配ります。そうしたなかで思春期の高校生にとって体毛の濃さが悩みになるのは当然の流れで、脱毛を希望する人が増加傾向にあります。

とはいえ、18歳以下の施術は行っていない脱毛サロンも多くあります。もちろん全てのサロンで受け付けていないのではなく、なかには保護者の同意があればOKというサロンもあります。

基本的に脱毛に年齢制限というものはありません。しかし、じっと脱毛を受けられる、脱毛時の痛みに耐えられるということは最低でも必須でしょう。
サロン側も子供に騒がれたりするのはなるべく避けたいという理由から、脱毛は18歳以上なら可能としているという事情もあるようです。

思春期は多感な時期ですから、毛の濃さはコンプレックスになりやすいものです。下手をすれば性格・人格形成にも影響を与えると言っても過言ではありません。

そのようなことを鑑みても、必要であれば保護者の同意のもと脱毛を受けるのは必要なことであるとも言えるでしょう。

子供が抱える毛の悩み

思春期とは多くの悩みを抱える時期。多くの人に思い当たる節があることでしょう。その中にはもちろん身体的な悩みもあり、毛の悩みもその一つだと言えます。

毛の濃さは遺伝により決まる要素が強いので、先天的に大体決まっているものです。小さい時は気にしなくとも、ふと他人と比較して気になりだします。思春期の証拠でもありますが、体毛が濃いと悩み始めるようです。

特に女の子であれば、男子からからかわれてコンプレックスになることもあるでしょう。多感な時期ということもあって、そういったコンプレックスがきっかけで消極的になったり、学校に行きたがらなくなることも考えられます。

体への影響は?子供を脱毛サロンへ通わせる時に注意すること

無闇に成長期に脱毛施術を行うとホルモンバランスに影響が出ることもあります。また、肌にキャパオーバーの負荷がかかり、肌トラブルを引き起こす可能性もあります。

子供の肌は大人より繊細で、傷つきやすくなっています。そのため、脱毛によって炎症を起こすことも考えられます。加えて炎症後に日焼けすることにとって色素沈着という二次被害もありえます。

このようなトラブルが脱毛サロンで起こると考えられますが、カミソリによる自己処理もあまりおすすめできません。というのも、カミソリは毛だけでなく角質層もそぎ落としてしまいます。そうすると肌が乾燥しやすくなるため、子供にとって好ましくないからです。

check
子供が脱毛をしたら体に影響はないのか?

子供が脱毛することによる影響について調べてみた結果、光脱毛の場合「年齢が低いことで体に何か影響があるということはない」とのこと。ではなぜ16歳や18歳未満は脱毛サロンに通えないのか?

それは、脱毛の光が皮膚や体内に影響を及ぼすのではなく、効果が出にくいのが最大の理由です。 体が成熟する前に脱毛処理をしても、後にまた生えてきてしまうことが多いそう。そのため、キッズ脱毛に通ったからといってその後に毛が完璧に生えてこなくなるものではないようです。

けれど、毛は女性にとってコンプレックスでしかありませんよね。気になるからと言って、子供の皮膚を傷つけるカミソリや毛抜き処理はNGです。早い時期から自己処理を繰り返し行うことは、将来のお肌も心配です!
お肌に無理なく毛を脱毛できる方法としては、脱毛サロンでの光脱毛が一番なのではないでしょうか。

脱毛による影響を十分考慮し、子供の脱毛は慎重に!

本記事では、最近の傾向として子供の脱毛も増えていることや、その事情について説明しました。子供の脱毛は、思いのほか低年齢層にまで広がっているようです。

サロンなどでの脱毛は親の同意書とお金が必要なので、目に届く範囲なのである意味安心です。
けれども、こうして脱毛に興味を抱く年齢が下っているということは、カミソリで剃毛を考えるのも早くなっているということでしょう。

お子さんのけがや肌のトラブルを防ぐためにもカミソリの管理は親がしっかりと行う方がよさそうです。

また、お子さんに脱毛を受けさせるという場合は、肌への負担などもしっかりと考慮して安心なところを選んであげるようにしましょう。親子で通えるところの方が、お子さんともども安心できるかもしれません。

ただ、子供の肌はデリケートで傷つきやすいため、施術の前には大人よりも入念なカウンセリングを受けることを強くおすすめします。

脱毛デビューにおすすめの脱毛サロンはエピレ

エピレは、7歳から脱毛を始められるほど肌にやさしい脱毛を行う脱毛サロンです。
キッズ脱毛のプランもあり、7歳~12歳の方は6回以上の契約で料金が10%オフになる割引もあります。

初めての方向けの「ファーストプラン」で脱毛をお試ししてから通常コースの契約をできるので、脱毛デビューにおすすめです。

エピリノ初めての脱毛サロン脱毛サロンデビューはいつから?子供が脱毛をする際の影響
ページのトップへ