脱毛って危険なの?始める前に知っておきたい脱毛のリスク

2021/04/14
7,714views

脱毛は危険?知っておきたい脱毛のリスクと安全な脱毛方法とは

肌質は人それぞれで、脱毛や除毛処理をするとトラブルが起こることもあり得ます。
自己処理でのトラブルにはどんなものがあり、脱毛サロンと自己処理ではどう違うのかを解説します。

脱毛では肌トラブルが起こる可能性がある

肌トラブルの例とその対処方法

脱毛や自己処理によって、肌トラブルが起こることもあります。

乾燥肌や敏感肌など、肌質や肌の状態によって肌トラブルの度合いは様々です。

ここでは、特に起こりやすい脱毛トラブルについてまとめてみました。

肌荒れ

特に、カミソリで起こりやすいカミソリ負けなどが脱毛トラブルとして多いです。
カミソリは、毛だけではなく、周りの皮膚にもダメージを与え、皮膚が切れたり、ガサガサになったりすることもあります。

脱毛した毛穴から腫れたり、黒ずみになったり、肌荒れの状態も個人差があります。

皮膚の様子がおかしいと思ったら、まずは脱毛や自己処理を中止し、炎症がひどい場合は、皮膚科などを受診しましょう。

硬毛化と多毛化

レーザー式や光の脱毛器を使うと、毛が硬く太くなる硬毛化や、毛が増える多毛化になることが稀にあります。

硬毛化は、肩や腕、太もも、背中、腰といった、元々産毛が多い部位で起こりやすいといわれ、原因はいまのところ判明していません。

自己処理の危険性について

入浴時などに多くの人が自己処理を行っていますが、危険性もあります。

自己処理することによってどのような危険性があるのでしょうか。

カミソリと毛抜きによる脱毛の危険性

カミソリや毛抜きは、自宅で行えるため、行っている人が多い処理方法です。
自宅で出来る方法ではありますが、肌荒れや埋没毛、毛穴の炎症や黒ずみが起こりやすい方法でもあります。

肌が傷つくことによって黒ずみなどが生じる場合があります。

光美容器による脱毛の危険性

最近は、様々な脱毛器(光美容器)が開発されており、数万円ほどで購入できるものが多くあります。

脱毛サロンの光脱毛機器に比べると照射レベルは低いというデメリットもあります。

※本記事では、家庭で使用ができる脱毛器のことを光美容器と表記しています。

脱毛サロンで行われる肌ケアサービス

脱毛サロンのリスクが少ない理由を解説

施術箇所やお肌の状態によっては脱毛サロンでも肌トラブルが起こる場合もあります。
敏感肌の方の場合、赤くなったり、かゆくなったりすることもあるでしょう。

多くの脱毛サロンでは、脱毛後、クールダウンし、トリートメントでお肌のケアをしてくれます。

脱毛サロンのでも永久脱毛はできる?

自己処理よりサロンが良い理由

脱毛サロンで行われる光脱毛では、毛を生やす細胞にダメージ与えるだけなので永久脱毛することはできません。

そのため、当初契約した脱毛コースの回数が終わったあとも、施術を受ける必要がある場合があります。

脱毛サロンのお試し脱毛や脱毛体験などは、脱毛サロンのキャンペーン情報を紹介している記事でさっそくチェック!

脱毛の体験に行ってみて、脱毛サロンでの脱毛がどのようなものなのか実感してみて下さい。

エピリノ初めての脱毛サロン脱毛って危険なの?始める前に知っておきたい脱毛のリスク