医療レーザー脱毛の種類を比較!機器によって効果は違う?

4,553views
2020/05/26

医療脱毛で使用される医療レーザー脱毛機器の種類とは?それぞれの特徴や脱毛効果の違いを大調査!

医療脱毛クリニックで導入されている医療レーザー脱毛機器にはどんな種類があるの?脱毛効果や痛みはどのくらい違うの?
医療レーザー脱毛機器の種類や特徴をチェック!

医療レーザー脱毛機器にはどんな種類があるの?

医療脱毛クリニックで使用されている医療レーザー脱毛機器にはいくつか種類があります。
現在、医療脱毛で主流となっているレーザーはアレキサンドライトレーザーダイオードレーザーヤグレーザーの3種類ですが、クリニックによって導入している機器が異なります。

一見同じように見えるレーザーでも、実は光の波長レベルや照射に適した肌質や毛質が少しずつ違います。

医療レーザー脱毛機器の種類を比較!何が違う?

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという希少な宝石を使用しメラニン色素に反応する。
皮膚を冷却しながら脱毛するので照射時ジェルを使用しない。

ダイオードレーザー

半導体を使用したレーザーで、現在最も使われている脱毛機器。
皮膚面を接触冷却しながら照射する。一番高い出力でうぶ毛や色素の薄い毛にも効果的。

ヤグレーザー

医療脱毛に用いているクリニックは少なめ。
メラニン色素への反応度が比較的小さいので、日焼け肌や色素の濃い脱毛部位に使用される事が多い。

アレキサンド
ライトレーザー
ダイオードレーザー ヤグレーザー
波長の長さ 755nm 800~940nm 1064nm
特徴 ・照射時の冷却ジェルは必要なし
・ダイオードレーザーと同等の効果
・冷却装置で肌を圧迫しながら脱毛するため、痛みが少ない
・照射漏れの可能性が低い
・メラニン色素への吸収率が低い
・比較的脱毛効果は薄い
機器 ジェントルレーズ ライトシェアデュエット
ベクタス
メディオスター
ソプラノアイス・プラチナム
ジェントルヤグ
クリニック レジーナクリニック
表参道スキンクリニック
湘南美容クリニック
レジーナクリニック
アリシアクリニック
リゼクリニック
ドクター松井クリニック
GLOWクリニック
フレイアクリニック
リゼクリニック
表参道スキンクリニック

波長の違いだけでなく製造会社などによっても、細かな違いはあります。
しかし、現在米国FDA※から正式な認可を受けて医療レーザー脱毛機器の主流となっているのは、やはり脱毛効果の高いアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーのどちらかです。

アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーはどちらとも安全性と効果が高く評価されている医療レーザー脱毛機器です。

※Food and Drug Administration-米国食品医薬品局。日本の厚生労働省に当たる機関。

美容効果も期待できる!アレキサンドライトレーザーの特徴

日本で一番初めに導入され、現在最もよく使用されている定番の医療レーザー脱毛機器が、こちらのアレキサンドライトレーザーです。
アレキサンドライトレーザーは厚労省からも認定されており、日本国内の多くの医療脱毛クリニックで採用されています。

アレキサンドライトレーザーを脱毛部位に照射することで、毛根のメラニン色素に反応し毛乳頭や毛母細胞が壊されて毛が抜けます。

それでは、アレキサンドライトレーザーという医療レーザー脱毛機器にはどんな特徴があるのか、また、そのメリットやデメリットを見ていきましょう。

アレキサンドライトレーザーの医療脱毛のメリット

脱毛効果のみでなく美容効果がある

メラニン色素は毛だけでなく、シミがある肌などにも含まれているため、メラニン色素に反応するアレキサンドライトレーザーは、美容皮膚科や形成外科でシミ取りに使用されることもあります。

また、医療レーザー照射時、肌が刺激されるときにコラーゲンが生成されることがあり、美肌効果が期待できることも特長です。
これらのことから、脱毛効果とともに美容効果が期待されており、脱毛しながら肌を美しく改善できることも挙げられます。

脱毛時に冷却装置で炎症や痛みを抑えることができる

高出力の医療レーザー脱毛機器を利用すると、やけどや炎症などの肌トラブルを起こす可能性が高くなり、肌を傷めてしまうかもしれません。

アレキサンドライトレーザーは、強力な皮膚冷却装置を装備していることがあり、その場合は肌トラブルや肌へのダメージを軽減させることが期待できます。

アレキサンドライトレーザーの医療脱毛のデメリット

医療レーザー照射時に痛みを伴う

どの医療レーザー脱毛機器でも言えることですが、レーザー照射時に痛みを伴います。
また、特に毛の濃い脱毛部分は痛みが増すことがあるので、痛みに弱い人には、アレキサンドライトレーザーによる医療レーザー脱毛をおすすめできません。

うぶ毛などの色素が薄い脱毛部位には効果があまりない

アレキサンドライトレーザーは、医療レーザー照射時に、毛の黒い部分(メラニン色素の部分)に反応しますが、うぶ毛などの色素が薄い部分にはレーザー光が反応しにくく、あまり脱毛効果が発揮されません。

日焼けしている人には医療レーザー照射できない可能性が高い

毛以外の濃い色素に反応してレーザー照射してしまう可能性があるため、色黒肌や日焼け肌の場合や、肌に黒ずみや色素沈着が多くある場合などは、アレキサンドライトレーザーによる医療脱毛ができない可能性があります。

色黒肌や日焼肌の場合や、肌に黒ずみや色素沈着が多くある場合などは、アレキサンドライトレーザーによる医療脱毛ができない可能性があります。
また、うぶ毛などの色素が薄い部分にはレーザー光が反応しにくく、あまり医療脱毛の効果が発揮されないといったデメリットがあります。

幅広い毛質や肌質に使用可能!ダイオードレーザーの特徴

ダイオードレーザーは、近赤外線によるレーザー照射で医療脱毛する機器で、アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーと比較すると、色々な脱毛部位に対応できる医療脱毛機器です。

ダイオードレーザーには高出力で集中的にレーザー照射するショット式と、低出力の熱を連続でレーザー照射することで、じわりじわりとダメージを与えていく蓄熱式の二種類の方式があります。

ダイオードレーザーの医療脱毛のメリット

肌質や毛質を気にせず使える

ダイオードレーザーは、近赤外線によって毛包にダメージを与える医療脱毛方法であるため、アレキサンドライトレーザーのように、毛以外のメラニン色素に反応しないかを恐れる必要がありません。

また、ダイオードレーザーは、比較的幅広い毛質や肌質に使用可能な医療レーザー脱毛機器です。
ダイオードレーザーでは、アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーによる医療脱毛では難しいうぶ毛の処理も可能です。

医療レーザー照射範囲が比較的広く出力も高い

アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーよりも、医療レーザー照射範囲が広いので、より短時間での施術が可能になります。

またダイオードレーザーはレーザーの出力も他の医療レーザー脱毛機器に比べて高く設定できるため、濃い毛に対応できる可能性が高いのもポイントでしょう。
剛毛の人で、どの医療レーザー脱毛機器にするか悩んでいる方は、ダイオードレーザーで医療脱毛することで改善できる場合もあります。

他の医療レーザー脱毛機器と比べて痛みが少ない

ダイオードレーザーは、他の医療レーザー脱毛機器に比べてかなり痛みが軽減されているため、痛みに不安がある人も施術を受けやすいと言われています。

ダイオードレーザーは、痛みが少ないことや、肌質や毛質を気にせず様々な人に使えることから、近年注目を集めている医療レーザー脱毛機器です。

ダイオードレーザーの医療脱毛のデメリット

他の医療レーザー脱毛機器のような劇的な脱毛効果が期待できない

ダイオードレーザーは痛みも少なく、脱毛完了時にはっきりと効果が現れますが、脱毛途中の毛質の変化は、アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーのほうがはっきりしやすいでしょう。
また、美肌効果についても、他の二つの医療レーザー脱毛機器に比べるとあまり期待できません。

痛みを感じる人や痛む脱毛部位がある

比較的痛みが少ない医療レーザー脱毛機器とは言われていますが、デリケートなVIOなどでは痛む人が多く、痛みが全くないとは言い切れません。
脱毛部位によっては痛みを感じる可能性がある医療レーザー脱毛機器だということを覚えておいたほうがよいでしょう。

他の脱毛機器と比べ、メリットが目立つダイオードレーザーですが、やはり医療レーザー脱毛機器の性質上、痛みを感じる場合や痛みやすい脱毛部位があることや、他の脱毛機器に比べると脱毛効果や美容効果が薄い、などのデメリットが少しあります。

剛毛にも効果的!ヤグレーザーの特徴

ヤグレーザーは、アレキサンドライトレーザーと同じように、メラニン色素に反応して照射をする医療レーザー脱毛機器です。
ただし、ヤグレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも肌の奥深くまでレーザー照射できるので、剛毛や深いところから生えている毛にもしっかりアプローチされます。

ヤグレーザーでの医療脱毛のメリット

剛毛にもしっかりと効果を発揮する

ヤグレーザーは、肌の奥深くまでしっかりと医療レーザーが届くため、濃い毛や太い毛にも対応することができます。
アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーで医療脱毛が難しかった部分も、ヤグレーザーであれば医療脱毛できる可能性が高いです。

日焼け肌や色素沈着している肌でも施術可能

ヤグレーザーは、肌の奥深くでも脱毛効果を発揮する医療レーザー脱毛機器です。
日焼けや、ニキビ跡からなる色素沈着などが起こるのは、肌の表層部分であるため、ヤグレーザーのレーザー光の影響は受けないとされており、日焼け肌や色素沈着している肌でも施術することができます。

ヤグレーザーは、他の医療レーザー脱毛機器では光が届かなかった肌の奥深いところまで医療脱毛可能という点があります。
そのため、他の医療レーザー脱毛機器で上手くいかなかった場合でも、ヤグレーザーで医療脱毛できる可能性があります。

ヤグレーザーでの医療脱毛のデメリット

とにかく医療レーザー照射時に痛みが強い

医療レーザー脱毛機器の中で、ヤグレーザーが最も痛いと言われています。
麻酔などで痛みを軽減することはできますが麻酔代がかかってしまいますし、強い痛みが苦手だという人にはヤグレーザーをおすすめできません。

炎症ややけど、肌の赤みなど肌荒れを起こしてしまう可能性がある

ヤグレーザーでの脱毛は、照射パワーが強いため、肌にダメージを与えてしまう場合があります。
冷却ガスなどのクールダウンである程度は照射直後のお肌のケアをすることができますが、それでもヤグレーザーでの施術後に肌に炎症がおきてしまう可能性は否めません。

ヤグレーザーのデメリットはなんといってもレーザー照射時の痛みです。
肌の奥深く細かなところまで脱毛できる分、ヤグレーザーを使用した医療脱毛には強い痛みを伴うため、痛みに敏感な方は麻酔で痛みを軽減するなど、事前に対策を練っておいたほうがよいでしょう。

医療レーザー脱毛機器の特徴を
理解してから脱毛しよう!
医療レーザー脱毛機器は日本国内において、さまざまな機種が採用されており、それぞれの機種に特徴やメリット・デメリットがあります。
自分が特に気になる施術部位や、痛みがないほうがいい、痛みがあってもより効果的にやってもらいたい、などといった個人の希望をもとに、その医療レーザー脱毛機器を扱っている医療脱毛クリニックを選ぶと良いでしょう。
エピリノ医療脱毛の回数と料金医療レーザー脱毛の種類を比較!機器によって効果は違う?
ページのトップへ