脱毛器人気ランキング!おすすめ第1位はどれ?

2020/04/22
38,062views脱毛器

おすすめの家庭用脱毛器はどれ?人気ランキング第1位を発表!

メーカーによって脱毛方式(フラッシュ式、レーザー式)や照射範囲などの特徴が異なる家庭用脱毛器の中から、人気の商品をランキングにしてお伝えします。自分に合った家庭用脱毛器が分からないという人は、失敗しない家庭用脱毛器選びのポイントも要チェックです。

安くて効果的!家庭用脱毛器の人気ランキング第1位は?

初めて家庭用脱毛器を購入する時にありがちなのは、本体価格の安さだけで選んで後悔をしてしまうパターンです。
値段はもちろん、長く使い続けられて脱毛効果に納得できる家庭用脱毛器なら、買った後に後悔しません。

※ケノン、トリアは税込み表記です。

1位
脱毛サロンの脱毛を自宅で実現!人気No.1家庭用脱毛器 脱毛ラボ ホームエディション
脱毛ラボホームエディション
本体価格 脱毛方式 照射回数/面積
64,980円 フラッシュ式
(IPL方式)
30万発/4.2c㎡

家庭用脱毛器ランキング第一位は、有名脱毛サロンの脱毛ラボが開発した脱毛ラボ ホームエディション。

業務用の強力なパワーがあり、脱毛サロンと同レベルの脱毛を自宅で体感することができます。脱毛ラボ ホームエディションは利用者の98%が満足できたと実感。口コミでも評価の高い家庭用脱毛器となっています。

また脱毛ラボホームエディションはコスパが優れており、脱毛サロンの4分の1のコストでVIOや顔を含む全身脱毛を300回分することができます。


メーカー保証あり
脱毛範囲顔・VIO含む全身
照射レベル5段階
  • 当日出荷で自宅にすぐ届く!
  • 痛みを気にせず全身脱毛ができる
  • ボタン2つの簡単操作でらくらくセルフ脱毛!
2位
長く使い続けられる家庭用脱毛器 ケノン
ケノン
本体価格 脱毛方式 照射回数/面積
69,800円 フラッシュ式
(IPL方式)
100万発/9.25c㎡

ケノンは照射回数が最大100万発、カートリッジの数も全部で5種類と豊富なので、長い間使い続けられるコスパの良さが特徴です。

ケノン付属のエクストララージのカートリッジを使用すると照射範囲が9.25c㎡になり、一度の照射で広範囲を脱毛できます。つまり、ケノンは短時間でお手入れできるメリットがあるということです。


メーカー保証あり
脱毛範囲顔・Vライン含む全身
照射レベル10段階
  • 照射面積が広く、スピーディーに脱毛できる
  • ケノンは最大100万発照射できるためコスパも抜群!
  • カートリッジ次第で剛毛にも対応でき、スキンケアカートリッジで美肌ケアも可能
3位
使いやすさにこだわった家庭用脱毛器 LAVIE(ラヴィ)光エステ脱毛器
LAVIE
本体価格 脱毛方式 照射回数/面積
49,800円 フラッシュ式
(IPL方式)
10万発/7.4c㎡

LAVIE(ラヴィ)光エステ脱毛器は価格が安めながら、3種類のカートリッジで照射でき、VIOの脱毛と顔の引き締めを期待できます。

一方でラヴィは1照射ごとのチャージ時間が長く、照射レベルを最大の7に設定すると、1照射ごとに約8秒待たなければいけないのがネックです。


メーカー保証あり
脱毛範囲顔・VIO含む全身
照射レベル7段階
  • 価格が安いのに全身を脱毛できる!
  • 美顔カートリッジ使用で美顔器としても使える
  • ラヴィは1照射ごとのチャージ時間が長くて待ち時間がある
4位
自宅でレーザー脱毛ができる! トリア パーソナルレーザー脱毛器4x
トリア
本体価格 脱毛方式 照射回数/面積
40,530円 レーザー式 記載なし/1c㎡

家庭用脱毛器で唯一レーザー脱毛を採用しているトリアは、フラッシュ式脱毛器よりも脱毛効果を期待できます。反面、照射時の痛みが強いので、肌が弱い方には不向きです。

トリアの照射面積は1c㎡とかなり狭いため、片ワキの脱毛だけでも4~5分かかります。照射漏れの可能性も高いので、お手入れの手間や照射漏れのリスクよりも、脱毛効果を重視する方におすすめです。


メーカー保証あり
脱毛範囲顔・Vライン含む全身
照射レベル5段階
  • 自宅でレーザー脱毛ができるのはトリアだけ!
  • トリアはカートリッジ交換なしで使用できる
  • 照射面積が狭く全身脱毛には不向き
5位
高速連射機能でスピード脱毛! レイボーテ グランデ
レイボーテ グランデ
本体価格 脱毛方式 照射回数/面積
108,000円 フラッシュ式
(IPL方式)
20万発/12c㎡

ヤーマンのレイボーテグランデは、最大照射面積が12c㎡なので1回で広範囲を照射できます。0.5秒の照射間隔で10連射できる機能も搭載されているため、スピーディーな脱毛が可能です。

ただし、「本体価格が10万円を超えるのは高い」という口コミもあり、値段を重要視して家庭用脱毛器を選ぶ方にはおすすめできません。


メーカー保証あり
脱毛範囲顔・Vライン含む全身
照射レベル10段階
  • 照射面積が12c㎡と広く1回で幅広く照射できる
  • レイボーテは0.5秒の高速連射でスピードケアが可能
  • 本体価格が10万円越えと高いのがネック

男性向け家庭用脱毛器をピックアップ!おすすめNo.1メンズ脱毛器を大公開!

メンズ脱毛器はどれが良い?ヒゲ・VIOに使えるメンズへおすすめの脱毛器

脱毛ラボ ホームエディションが脱毛器人気ランキング1位の理由

家庭用脱毛器の中で、最もおすすめなのは脱毛ラボ ホームエディションという結果になりました。脱毛ラボ ホームエディションの価格は約7万円で、4万円ほどのトリアと比較すると少し高めです。しかし、レベル調整が5段階あり、痛みに敏感な方にも対応した家庭用脱毛器です。

脱毛ラボ ホームエディションは277gという軽量サイズで、脱毛時も腕が疲れません。また、連射モードを使えば15分で全身脱毛が完了するなど、使い勝手の良さも人気のポイントです。
少しの空き時間を使って脱毛をしたい方、自宅で本格的な脱毛効果を得たい方は、脱毛ラボ ホームエディションが一番おすすめです。

失敗しない!家庭用脱毛器選びのポイント4つ

家庭用脱毛器を選ぶ際には、その脱毛器が自分に合っているかどうかを確認することも大切です。
家庭用脱毛器を買ってしまってから後悔しないように、以下のような項目をチェックしてから選ぶようにしましょう。

1.脱毛できる部位

家庭用脱毛器の種類が異なると、脱毛できる部位も異なります。家庭用脱毛器を購入する際には自分が脱毛したい部位が含まれているか要チェックです。

メーカーによってはIライン・Oラインや顔の脱毛には対応していない家庭用脱毛器も多いので、VIOや顔の脱毛を重視したい場合は購入前の確認が必須です。

VIOにも使える家庭用脱毛器のおすすめは?

2.期待できる脱毛効果の種類

家庭用脱毛器には様々な脱毛方式のものがありますが、おすすめは痛みが少なく脱毛効果も期待できるフラッシュ式脱毛器です。レーザー式の家庭用脱毛器は脱毛効果が高いですが、脱毛時の痛みが強いのがネックです。

肌表面の毛を熱で焼き切るサーミコン式脱毛器、毛を引き抜くタイプの家庭用脱毛器は、毛が少なくなっていく効果は期待できません。次第に毛を少なくしていきたい方はフラッシュ式脱毛器がおすすめです。

3.照射回数と範囲

家庭用脱毛器は一般に、1回の脱毛で腕なら100~200発、足で200~300発照射する必要があるため、なるべく照射できる回数が多い家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

照射回数の少ない家庭用脱毛器は、カートリッジ交換が頻繁にあり、かえって割高になってしまうこともあります。
さらに一度に照射できる範囲が狭い家庭用脱毛器は照射回数が多くなってしまうので、照射範囲が広いものを選ぶのがおすすめです。

4.使い勝手の良さ

実際に家庭用脱毛器を使用すると意外と気になってしまうのが、ハンドピース(持ち手部分)の重さや使用時の音、スムーズな脱毛ができるかなどの脱毛器の使用感です。

使用感の悪い家庭用脱毛器は次第に脱毛するのが面倒になり、続けられなくなってしまいかねません。
重さや音、照射範囲や1照射ごとの充電時間を確認するのが重要です。

人気・機能ともにNo.1
脱毛ラボ ホームエディション!
人気の家庭用脱毛器と家庭用脱毛器の選び方を紹介したうえで、エピリノ編集部が最もおすすめするのは脱毛ラボ ホームエディション!
脱毛ラボ ホームエディションは脱毛サロンの脱毛効果を自宅でも期待できると評判の家庭用脱毛器です。
VIOや顔を含む全身を痛みを気にせず脱毛できる点も嬉しいポイントです。
家庭用脱毛器で迷ったら脱毛ラボ ホームエディションを選ぶことをおすすめします。
エピリノ脱毛器脱毛器人気ランキング!おすすめ第1位はどれ?
ページのトップへ