中学生は脱毛サロンに通える?子供の脱毛事情を調査!

2021/04/30
5,135views

中学生でも脱毛施術は受けられる?脱毛したがる中学生の心理

最近、脱毛をしたいと本気で考える中学生が増えてきていると言われています。
ご両親としてはまだまだ脱毛なんて早い!と思われる方も多いのではないでしょうか。

一方で、お子さんに脱毛施術を受けさせてあげたい安全!と思われる保護者の方もいると思います。
しかし、脱毛サロンに中学生は通えるのでしょうか?

中学生でも脱毛OK!施術が受けられる脱毛サロン情報

実は脱毛サロンでも、脱毛施術を受け付けるのは高校生からという規定になっているところがほとんどです。
中学生ではまだ体が安定せず、肌に赤みなどの炎症が起きてしまう可能性もあるので、多くのサロンでは断られてしまいます。

ですが、中学生でも脱毛の施術が受けられる脱毛サロンは存在します。
中学生でも通える脱毛サロンをご紹介します。

7歳から通える?『キッズ脱毛』プランがあるエピレ


エピレでは、7歳から脱毛に通うことが可能で、キッズ脱毛プランは通常価格よりも安い料金で利用することができます。
また、親子で一緒に契約すると特典がつくので、お母さんとお子さんで一緒に通うということもできます。

対象部位

全19部位から選択制

料金
2か所を選択するプラン 980円(税込)
両ワキ脱毛6回プラン 500円(税込)

対象年齢3歳から!ディオーネで脱毛に通う


ディオーネでは、なんと3歳から脱毛に通えます
子供でも成人した女性と同様の脱毛施術を受けることができます。

対象部位

全身、または26部位から選択

料金
お子様全身脱毛
全12回コース
198,000~396,000円(税込)
Sパーツ全12回コース 26,400円(税込)

ファミリー会員制度もあり!ジェイエステティック


ジェイエステティックは中学生以上から脱毛施術が受けられます。
特に中学生向けという訳ではなく、大人と同様の施術を受けることになります。

親子で通うと施術料金や商品が30%オフになるという『ファミリー会員』制度もあるので、お母さんとお子さんで一緒に通うことができます。

対象部位

全身32部位から選択

料金
全身フリーチョイス40回の場合 99,000円(税込)/一括払いの場合

どうして幼少期から脱毛に通えるの?お肌への安全性は大丈夫?

幼少期から脱毛施術を受けられるのは、ハイパースキン法という方式を用いているためです。

体毛のメラニン色素に光を反応させる脱毛施術方式よりも、弱い出力で施術をすることができます。

ハイパースキン法ってどんな脱毛方法?

ハイパースキン法とはどういった脱毛方法なのか、という点についてご紹介します。

従来のレーザー脱毛・フラッシュ脱毛の施術

脱毛サロンやクリニックでよく使用されている機器では、成長期の毛に対してレーザーやフラッシュを当てます。

そうすると、毛の中のメラニン色素にレーザーやフラッシュが反応して、熱で毛根にダメージを与えます。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、熱を利用しているため、どうしてもお肌への負担ややけどのリスクが存在していました。
赤みや腫れなどの炎症が起きるのも、この熱を与えることが原因です。

ハイパースキン法による施術

ハイパースキン法では、休止期の毛に対して光を当てるという違いがあります。

この方法は毛根にダメージを与えるという点ではレーザーやフラッシュと同じですが、熱によるダメージではありません。
光を当てることによって、発毛因子自体を減らしてしまおうという方法です。

熱を利用した脱毛方式ではありませんので、従来の脱毛方法より炎症ややけどのリスクも低くなります。

さらに、熱による痛みを感じにくいというメリットもあります。

ハイパースキン法にデメリットはないの?脱毛効果は確か?

こうして見てみると、ハイパースキン法は従来の脱毛法よりもかなり良いものに思えますよね。

ですが、ハイパースキン法にデメリットはないのでしょうか?

check

デメリットというほどではないのですが、ハイパースキン法ではレーザー脱毛やフラッシュ脱毛と比較して、施術に通う頻度が多くなります

レーザーやフラッシュを当てる場合には1~2ヶ月に1回が目安といわれていますが、ハイパースキン法ではそれよりも短期間で次の施術に行かなければなりません。

ハイパースキン法で脱毛施術を受けると、結果として短いスパンで施術に通い、それを長期間続けなければならないという可能性が高いのです。

中学生でも脱毛施術を受けられる!

中学生でも受けられる脱毛施術についてご紹介しました。
ハイパースキン法という脱毛法で、中学生でも熱によるダメージが少ない脱毛施術が受けられるようになっています。

小学校高学年から中学生というと、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどで自己処理を行っている女の子も多いものです。

しかし、肌がカミソリによる摩擦で荒れて赤く腫れあがったり、毛抜きで抜いたせいで埋没毛ができてしまったりと、肌に負担をかけてしまう場合もあります。

脱毛サロンでの施術を検討する場合は、脱毛方法やリスクについてよく理解したうえで判断するようにしましょう。

エピリノ初めての脱毛サロン中学生は脱毛サロンに通える?子供の脱毛事情を調査!